気になる便秘は酵素のチカラで解決|驚きの健康効果

健康を維持しつつスリムに

微笑む女性

栄養豊富で低カロリー

食事制限やファスティングによって摂取カロリーを減らすことは、ダイエット方法として非常に有効です。しかし摂取カロリーは減りますが、体にとって必要な栄養分の摂取量も減ることになるので、体が弱っていく可能性もあります。たとえば貧血を起こしやすくなったり、肌が荒れやすくなったりするのです。こういったトラブルを防ぐために、昨今では青汁を使ってダイエットをする人が増えてきています。青汁は、もともとは戦時中の食糧難による栄養不足から、国民を守るために開発された飲み物です。そのため飲むことで、たっぷりと栄養補給をすることができます。その上、葉菜類を中心として作られているので、非常に低カロリーです。つまり健康状態を保ちつつ、カロリー摂取を抑えるというダイエットができるわけです。

風味や栄養分における改良

青汁は、先述したように戦時中に開発された飲み物です。それがなぜ、戦後数十年が経過した現代になって、再び需要が高まってきたのかというと、様々な点で改良されたからです。かつての青汁には、葉菜類独特の苦みや渋みがあったのですが、現在では抹茶やフルーツを加えることで、豊かな風味となっています。つまりおいしく飲めるようになった分、需要が高まったわけです。さらに、フリーズドライ製法により、葉菜類の栄養分をよりしっかりと閉じ込めることができるようになりました。その分栄養補給の効率がアップしたのですが、その点も需要の高まりの理由のひとつとなっています。風味を楽しみながら、健康的でスリムな体にしていくことができるため、多くの人が青汁をダイエットに活用しています。